iPhone

iPhone13のスペックやカラー、容量など噂を纏めてみた

例年9月に発売されている新iPhone。
2021年に発表予定のiPhoneは、「iPhone 13」または「iPhone 12s」と言われています。
発表まであと3ヶ月を切り、リーク情報が多くなっています。
今回は、新iPhoneであるiPhone 13のスペックやカラー、容量など今噂されている情報をまとめてみました。
公開されている情報ではなくあくまでもリーク情報なので、「そうなのか〜」という気持ちで読んでいただけるとうれしいです。
それでは見ていきましょう!

iPhone 13のスペック、容量、発売日は?

2021年新iPhoneは名前がまだ決まっていませんが、iPhone 13かiPhone 12sと言われています。
アメリカでは13と言う数字が不吉だと言われているので「iPhone」という名称が良いと多くの方が回答しているようですが、様々なサイトやリーカーがiPhone 13と言っているのでiPhone 13となりそうです。

iPhone 13の種類は、iPhone12シリーズと同じ4種類!
iPhone 13 mini(5.4インチ)
iPhone 13 (6.1インチ)
iPhone 13 Pro(6.1インチ)
iPhone 13 Pro Max(6.7インチ)
が発表されると言われています。

ストレージ容量は据え置きのようです(1TBが追加されるとの噂は実現しないようです)。
iPhone 13 mini・iPhone 13は64GB/128GB/256GB、Proシリーズは128GB/256GB/512GBです。
2022年のiPhoneは5.4インチのminiが廃止されると言われているので、miniが欲しい方は今回が最後です!
予想していたより売れ行きが良くなかったようです。

iPhone 13のサイズはバッテリー増加による本体の厚みが0.26mm増すようですが、基本的に縦横サイズやデザイン等も変わらず、マイナーアップデートとなりそうです。

今言われているのが、総出荷数の50%以上が5Gミリ派対応モデルになるとのこと。
iPhone 12シリーズではアメリカのみ5Gミリ波対応モデルが提供されていましたが、iPhone 13では日本の他にカナダやオーストラリア、ヨーロッパ主要国に拡大されるとのことです。

現在、部品の生産拡大に取り組んでおり、生産を担うFoxconnやPegatronは特別にボーナスを支給することで作業員を増やそうとしているようです。
新型コロナウィルス感染症が流行する前の生産の動きに戻りつつあるようで、昨年と違い順調に生産が進んでいます。

気になるのはいつ発表されるかですよね〜!
例年のiPhoneの発表日からiPhone 13の発表日を予想すると、9月7日か14日の火曜日に発表、同週の金曜日から予約開始、予約開始日の1週間後から発売予定です。
ここ最近の予約開始時刻は午後9時1分からなので、今年もその時間帯からの予約開始となるでしょう。

ディスプレイ

ディスプレイ上のノッチが小型化されると噂されており、リーク画像でも小型化したノッチが多く確認できます。
受話用スピーカーホールが画面の最上部に移動することでノッチが小型化されるようです。

Proシリーズはリフレッシュレート60Hzから120Hzに対応
残像が残らず滑らかなスクロールが実現します。
LTPO技術による消費電力の削減も見込めます。

期待が高まった画面内指紋認証は搭載されず、生体認証はのみとなりそうです。
2022年発売モデルに搭載される可能性が高いようです!

チップ

iPhone 13シリーズに搭載予定のCPUは、TSMCの改良版5nmプロセス(N5P)「A15 Bionic」です。
消費電力が10%改善されることにより性能が5%向上するそうです。
すでにA15 Bionicの量産を開始しているようです。

バッテリー

iPhone 13シリーズは、従来モデルと比較して約7.4%〜15.3%バッテリーが増量するかもしれません。
リーカーのDigital Chat Station氏がWeiboに投稿した情報によると、以下のように増量するようです。

iPhone 13 Pro Max
4,352mAh(iPhone 12 Pro Max / 3,687mAh)
iPhone 13 Pro
3,095mAh(iPhone 12 Pro / 2,815mAh)
iPhone 13
3,095mAh(iPhone 12 / 2,815mAh)
iPhone 13 mini
2,406mAh(iPhone 12 mini / 2,227mAh)

ミンチー・クオ氏もバッテリー増量について発言していたので信憑性が高いです。

カメラ

全モデルにLiDARが搭載予定です。

iPhone 13シリーズのカメラは大型化し、ベースモデルのiPhone 13 miniとiPhone 13はレンズの配置が斜めになると噂されています。
リーカーのDuanRui氏が投稿したモックアップも、ベースモデルのiPhone 13のリアカメラ部のレンズが大型化されていました。
iPhone 12 Pro Maxのみに搭載されていた「センターシフト光学式手ぶれ補正機構」が搭載される影響により大型化するとのこと。
縦横ともにリアカメラ部分が拡大するようです。

Proシリーズの超広角カメラは6枚構成になりF値1.8に改良され、さらにオートフォーカス機能が搭載されるとミンチークオ氏が伝えています。
その部品であるボイスコイルモーター用の金属筐体を台湾G-SHANKが独占受注したとサプライヤー関連情報に詳しいメディアEMS Oneが報じました。
これにより画質はより綺麗に明るくなり、低照度撮影時の画質も向上するそうです。
2022年モデルではベースモデルにも搭載されると予想されています。

カラー

iPhone 13シリーズには、新色としてオレンジブロンズが追加されると言われています。
Proシリーズには、ブロンズの他にマットブラックやピンクが準備される可能性があるとのこと。

iPhone 13の価格は?

iPhone 12シリーズはiPhone 11より価格が上がりました。
デザイン変更や5Gの搭載により値上げは予想されていたので仕方なかったですね。
今回のiPhone 13では価格が大幅に上がると言う事はなさそうです。
と言うのもマイナーチェンジなので部品単価があまり変わらず、フレキシブルプリント基板モジュールは新たな部品が採用されますが上昇した分のコストは量産効果による部品単価削減によって価格が維持されるようです。

さいごに

発表まであと2ヶ月ちょっと!
信憑性の高い情報がどんどん出てきています。
大きな変更点はなさそうですが、これまでのモデルより性能が向上することは間違いありません。
発表日が楽しみですね!

-iPhone
-, , , ,

Copyright© 華夢華夢(カムカム)情報館 , 2021 All Rights Reserved.